木が呼吸するメーターモジュールの真壁造り サイエンスホームの家(特徴)

ご相談・お問合わせはこちら

0120-392-390

営業時間 / 24時間受付 / 年中無休

メニュー

スタッフブログ

blog

スタッフブログ

2020/09/18

木が呼吸するメーターモジュールの真壁造り サイエンスホームの家(特徴)

投稿者:サクマホーム スタッフ

木が呼吸するメーターモジュールの真壁造り サイエンスホームの家(特徴)

皆様、こんにちは。

今週もブログのお時間です。

先日のモデルハウス見学会にご来場いただいた方、ありがとうございました。

今週からやっと涼しい季節になりましたね。やっぱり秋が一番好きな今村です。

さて、今週はタイトル通りサイエンスホームの家、最大の特徴である

真壁造りのお話です。

真壁造りとは

⇒柱や梁が見える工法です。(日本の昔ながらの工法です)

現在では柱が壁で隠されて造られている工法が多いです。

近年、真壁造りの家は大手メーカーの大量生産によりほとんど見られなくなってしま っています。

でも、日本は湿気の多い国ですから木をふんだんに使えば梅雨時の湿気の多い時にはその湿気を吸ってくれますし、冬の乾燥した時には湿気をはいてくれます。

木も住んでいる人と一緒に呼吸をして生きていますから。京都・奈良の神社仏閣はみんな木が呼吸出来るようになっています。

だから何百年たっても壊れていないのだと思います。

木が呼吸して生きていれば何百年でももつと言う事です。 昔の人は日本の風土をよく知っていて、その日本にあった家のつくりかたを知っていたんだと思います。

現代は昔のいいところをなくして住みにくい長持ちしない家にしてしまっているので、私たちは昔のよいところを学んでこの工法を取り入れています。

*~~~~*今の良いところと昔の良いところをミックスした家*~~~~*

 でも昔のまんまでは、ただの古い家になってしまいますから手作りの扉外張り断熱などを使って今と昔をミックス(コラボ)したよそにはない新しい快適な オリジナル空間をつくりました。

やっぱり、日本人は木が好きなのか?木に囲まれていると 落ち着く。

木にはぬくもりや温かみがあって癒される感じがするし、木の かおりは気分も清々しく なります。

どことなく懐かしさもあって、かわいいって言う人もいます。

またまた、長文になってしまいました。

また、来週。

カテゴリー: お知らせ、 勉強会、 現場、 ブログ、 その他

CONTACT

ページの先頭へ戻る